両親の金婚式に、今話題の喜ばれるプレゼントを!

両親の金婚式のお祝いに絶対外せない、今人気のプレゼントをランキング形式でご紹介。金婚式の記念品、贈り物選びに。

贈り物

両親の金婚式プレゼントには何がいい?今喜ばれる贈り物はコレ

更新日:

金婚式おめでとう!!お父さんとお母さんの娘に生まれてきて本当に幸せです。ありがとう。そんなお二人の金婚式に私たちから心を込めて、プレゼントを贈ります。

大切な両親の、とってもプレミアムな結婚記念日が「金婚式」です。50年といえば半世紀。とてつもなく長い道のりです。その道のりも平坦な道ばかりではなく、山あり谷ありの連続だったことでしょう。

そんなご両親が歩んできた50年という歳月を想い、あなたは何を金婚式にプレゼントしますか?

金婚式は一生に一度。夫婦そろって50年ということで、奇跡の結婚記念日とも言われていますから、ご両親に喜んでもらえる素敵なプレゼントを贈りたいですよね。

ただ、「金婚式に何をプレゼントしたらいいのかしら?」と頭を悩ませている方がたくさんいます。そりゃあそうですよね。結婚して50年という奇跡の結婚記念日ですから、迷われて当然です。

そこで結婚記念日プレゼントを長年調べてきた結婚記念日プレゼント調査隊のトモが、プレミアムな金婚式に相応しい金婚式プレゼントを、おすすめ順にランキング形式で紹介していきます。

お父さんとお母さんに「感謝」と「愛」を込めて金婚式プレゼントを贈りたい方は、参考にしてください。

両親への金婚式プレゼントランキング

1位:似顔絵ポエム
ご両親の似顔絵と、ご両親の名前から紡ぎ出されたポエムを額装してくれるサービスです。

似顔絵は究極のオリジナルプレゼントと言われています。そこに名前から創りだされたポエムが付くわけですから、世界に一つ。唯一無二の金婚式プレゼントです。

金婚式は夫婦で歩んでこられた50年という歳月を尊敬感謝し、それを今現在お祝いするという、過去と現在だけのお祝いではありません。これから先の未来をも祈願するお祝いです。

その過去・現在・未来を網羅しているプレゼントが似顔絵ポエムです。似顔絵で今現在の金婚式のメモリアルを表し、名前ポエムで「これまで歩んでこられた50年という歳月への尊敬感謝」と、「これから先も元気で仲良く夫婦生活を続けてくださいという祈願」が表現されます。

すべて手描きだから温かく、想いが伝わる

パソコンで描いた似顔絵は、どれも似たイメージで冷たい印象を感じることが多いのですが、似顔絵ポエムは熟練の絵描きさんが心をこめて一枚ずつ絵具や色鉛筆など使って手描きで製作。

仕上げはデジタル編集、だから作品が長持ち

手描きの良さを損なうことなく、最後のデジタル編集仕上げ。微妙な色彩調整や配置構成を行って、ジクレー印刷で仕上げます。手間はかかりますが、ジクレー印刷をすることで紫外線などによる色褪せに強くなって、作品が長持ちするのです。

商品発送前に完成画像で確認ができて安心

メールで、名前ポエムの文面や似顔絵についてご提案。了解をいただいたうえで、商品発送前にも完成画像を添付してメールにて送付。修正希望の場合は対応してもらえます。

 

 

2位:花なまえの詩

花なまえの詩は、ご両親のそれぞれの名前から「あいうえお作文」のように、心のこもったお祝いの詩を創作して、ご両親の思い出の場所などのイラストを背景に、額装してくれる感動のサービスです。

 

ご両親の金婚式は一生に一度!

花なまえの詩は、金婚式という奇跡の瞬間をカタチに残す、完全オリジナルの世界にたった一つのプレゼントです。花なまえの詩スタッフが、50年目の金婚式に想いをのせて心を込めて書いてくれますよ。

50年という歳月には、夫婦の力や家族の絆など様々な思い出が幾重にも積み重なっているわけですが、その思い出がご両親の名前に凝縮されて、言葉としてプレゼントされるのです。

50年前と言えば、1960年代の終わり高度成長期の真っただ中。金婚式をお祝いすることは、50年前に夫婦として始まったその日に思いを馳せ、感謝することでもあります。その感謝を言葉にして贈るプレゼントでもあるのです。

背景には、ご両親の出身地や出会った場所、思い出の地などリクエストすれば、描いてくれます。

花なまえの詩さんのアトリエは歴史の街・京都の伏見にあります。創業12年。3万件以上の販売実績を誇ります。大手飲料メーカー・キリンビールの敬老の日プレゼントの商品に選ばれた実績もある、知る人ぞ知るお店です。

花なまえの詩の制作は、ほとんどが女性スタッフです。女性ならではの細かい気配りが、作品の端々まで行き届いていています。お客さんへの対応が親切丁寧だと評判のお店です。

ご両親の金婚式に既製品ではなく、世界に一つしかない温かみのあるオリジナルプレゼントを。

結婚50年、奇跡の記念日といわれる金婚式に、思い出に残るプレゼントを贈るならおすすめします。

 

3位・似顔絵時計

結婚記念日プレゼントに時計は定番です。今まで歩んできた夫婦としての時間を祝福するという意味と、これから歩んでいく夫婦としての時間にエールを贈る意味と。

特に、金婚式になると50年。1万8250日。43万8000時間にもなります。とてつもない長い時間、夫婦として共に歩んでこられました。そんな長い時間に敬意と感謝を込めて、金婚式プレゼントに時計を贈る方は多いのです。

ただ、普通の時計を贈っても味気ありません。金婚式に相応しい特別な時計を贈りたい!そんなニーズに応えてくれるのが似顔絵時計です。

 

写真を送れば似顔絵制作のプロが特殊技術で、そっくりな似顔絵を作ってくれます。ちょっと怒ったような写真でも笑顔にしてくれますよ。

 

 

 

4位:九谷焼・夫婦茶碗、夫婦湯呑み

特別な思い出になる金婚式プレゼントもいいけれど、普段使ってくれる日常品の贈り物がいいという方に人気なのが、夫婦茶碗や夫婦湯呑みです。

お茶碗や湯呑みは毎日使うものですからね。使うたびに贈ったあなたを思い出してくれます。

そんな夫婦茶碗や夫婦湯呑みの中で、おすすめなのが九谷焼。華やかさの中に高級感があって、食卓に花が咲いたよう。これまで以上に金婚式を迎えたご両親の会話が弾みますよ。

楽天にお店がありますので、詳しくはそちらへ。
↓↓↓↓↓↓↓↓

夫婦湯呑みなら

金婚式に相応しい金箔をあしらったものなら、この夫婦湯呑みが人気です。

 

両親への金婚式プレゼントの選び方

金婚式のプレゼント候補はたくさんありますが、ここでは「どのようにして選ぶのか?」という視点でお伝えします。

まず、プレゼントは大きく2つに分けられます。「記憶に残るもの」と「形に残るもの」です。それぞれに特徴があります。

それでは、この分類した2つについて考えてみましょう。

pair

記憶に残るプレゼント

記憶に残るものとは、金婚式のプレゼントをきっかけに、ご両親が新しい思い出を作ることができるプレゼントです。

言葉で表現するなら「物より事」。代表的なプレゼントとしては、温泉旅行や老舗旅館の宿泊、ホテルのディナーなどがあります。

演劇が好きなご両親には、演劇のチケットなどもいいかもしれませんね。「今まで経験できなかったこと」「今まで経験した中で最高だったこと」を改めて経験してもらう。という視点でプレゼントしてみてください。

 

形に残るプレゼント

形に残るものとは、具体的な物をプレゼントすることです。特に二人三脚でここまで歩んでこられたご夫婦なので、ペアの物がいいかもしれません。

ペアウォッチ、夫婦茶碗、夫婦湯呑など、二人で使えるものや二つで一つ、といったものがオススメです。

予算に余裕があるのであれば、「記憶に残るもの」と「形に残るもの」の両方をプレゼントすることもできるかと思いますが、予算的に厳しいのであれば、「記憶」か「形」のどちらかを選んでみるといいですね。

 

金婚式の過ごし方

金婚式は夫婦2人の結婚記念日です。だから、「ご両親がどのように記念日を過ごしたいのか」ということが大事になります。

年月が経ち、「大きくなった子どもたちと一緒に記念日を過ごす」というご夫婦もおられますし、「せっかくの記念日なのだから、夫婦2人だけで過ごしたい」というご夫婦もおられます。

過ごし方は、ご夫婦によって様々なので、お祝いを考える時、まずは両親に「どのような金婚式にしたいのか」を聞いてみてもいいかも知れません。

 

-贈り物
-

Copyright© 両親の金婚式に、今話題の喜ばれるプレゼントを! , 2018 All Rights Reserved.